Marine Life Log

海で見た魚をイラストで綴る、海の生き物ログ

MENU

幼魚は黄色に黒のドット柄のミナミハコフグさん

ミナミハコフグ

和名 ミナミハコフグ
学名 Ostracion cubicus
分類 フグ目 - ハコフグ科 - ハコフグ
分布 南日本の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島琉球列島;インド・太平洋、大西洋南東部
生息環境 サンゴ礁域に生息。礁池や礁斜面など20m以浅にみられ、単独で行動する。
体長 45cm
特徴 雄は尾柄部が黄色い。雌は体色によりハコフグと迷う時があるが、本種の体背部の斑点がまばらなことで区別できる。幼魚の黒斑は成長過程で消え黒い縁取りの白ないし青色斑点が現れる。幼魚はサンゴの根の穴などを出入りする。
山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚

山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚

  • 作者:吉野 雄輔
  • 発売日: 2018/09/17
  • メディア: 単行本
 

和名の由来は

ミナミハコフグに似ているお魚でハコフグがいますが、ハコフグの生息地より南なので、ミナミハコフグになったかと思われます。夏には伊豆にも出現します。ですが、季節回遊魚(死滅回遊魚)のため、黒潮や台風に流されてやってきますが、越冬できずに成魚にならないうちに死んでしまいます。

幼魚時代の黒点の役割

黒目とほぼ同じ大きさで、一説によると弱点である眼のカモフラージュのようです。たくさん黒点があることで、目を突かれないように守っているんだとか。

ハコフグとの見分け方

幼魚、成魚の雄と雌での見分け方を表にしてみました!

和名 ミナミハコフグ ハコフグ
成魚雄 尾柄部が黄色い 背中が濃い青、尾柄部は黄色くない
成魚雌 体背部の斑点がまばら 頭部に小黒点がない
幼魚 斑点が黒目の大きさと同じぐらい、体色の黄色がハコフグより鮮やか 斑点がミナミハコフグより小さい、背中の斑点が青みがかっている、胸の部分に斑点がない

正面から撮れませんでしたが、尾柄部が黄色いので成魚雄です。
2020年1月28日シミラン諸島

観賞用としても

幼魚は見た目が可愛いので、観賞用として飼われるようです。でも成魚は最大45cmにもなるので、相当大きい水槽が必要なんじゃないかなと思いましたが、調べたところミナミハコフグは飼育している水槽の大きさに合わせて最大の大きさが変わりやすいとのこと。詳しい飼育法はこちらで説明されているようですので、ご参照ください。

体の表面から毒が出ます

ハコフグ科の魚は体が硬い骨で覆われていて、体全体が頑丈な箱のようになっています。外敵などから刺激を受けると、体の表面からパフトキシンという粘液毒を出します。フグ科ではないので、テトロドトキシンは持っておらず内臓・筋肉は基本的に無毒といわれていますが、一部地域では、餌よりパリトキシンを取り込み、食中毒を起こすこともあるそうです。

美味しいらしいけど自己責任で!

上で説明した通り、毒があります。味は美味しいらしいですが、自己責任でお願いします。

仲間のハコフグ五島列島で「かっとっぽ」と呼ばれる味噌焼きとして食べる習慣があるようですが、ミナミハコフグを食べるところがあるのかどうかは不明です。

英語名はYellow boxfish

Yellowは黄色、boxfishはハコフグです。幼魚時代黄色いハコフグは他にもいるのにw

英語名ではなぜか、黄色いハコフグ代表に仕立て上げられてますねw

中国語名は粒突箱鲀

粒突箱鲀(lì tū xiāng tún)と読みます。粒突(粒状にボコボコしている)箱鲀(ハコフグの仲間)という意味になります。ミナミハコフグがパチンコ玉大ぐらいの小さい幼魚時代は表面がボコボコしているそうですので、もしかしたら、ボコボコはかなり小さい幼魚時代を指しているのかもしれません。

その他、色んな国での呼び名はこちらをどうぞ!
Common Names List - Ostracion cubicus